勤怠システムとしては効率性も大事ですが

勤怠システムは効率的であることも重要ではありますが、それ以上に使いやすいのが大事です。管理する側もそうですが、労働者側が面倒過ぎると感じてしまうと仕事の能率にかなり影響が出てくることになります。

これはどうにかして避けるべきことであり、とても重要な点になります。勤怠システムとしては、今は完全にコンピュータ化していることが多いです。しかし、それでも程度の差が多くあります。

例えば、タイムカードがあったしてもそれが電子化されているのか、或いは指紋で認証できる場合もあります。

個人に割り振られているコンピュータからアクセスして、申告する場合もあるので、一概に何がベストとは言い難いです。

それでも勤怠システムをとにかく導入するのはよいことです。

しかし、それは企業規模にもよります。

例えば、数人程度であれば、そんなものは必要ない可能性もありますし、大きな会社ではかなり大規模なシステムが必要になります。

最近ではクラウド化させる、ということをしている場合もあります。

OKWaveの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

企業次第である、というのがはっきりといえる部分になります。



しかし、勤怠の情報を最初からデジタルで管理ができるのは、大きな利点があります。


小さな会社でもその方が情報の整理が楽ですし、給料計算にも直接的に役立てることが可能になります。



そうしたメリットは確実にありますから、デジタルデータで扱えるようにしておくことはお勧めできます。

これはどんな企業にも該当します。