タイムカードから見える勤怠管理

会社で勤めていると、給料が必要になってきます。

社員は生活がかかっているだけに、給料を常にチェックする作業が求められます。

同時に会社はタイムレコーダーを購入しているので、それと同時にタイムカードも買っています。

勤怠管理もここから確認できます。

OKWaveのことならこちらのサイトが便利です。

会社員にとってはタイムレコーダーでタイムカードを打ち込むところから出勤します。


これが出社と同時に求められる作業になりますから、これが抜けているとその日は欠勤扱いにされてしまう可能性があります。

もし気づいた時は会社に伝えておく必要があります。

末日までにやる作業がタイムカードを見ることです。

勤怠管理は経理部だけが見る作業ではなく、本人も確認する必要があります。

末日を過ぎた後は訂正も聞いてくれないので、決められた時間内に確認を済ませておくことです。


退勤も出勤同様に、タイムカードを打ち込む必要があります。

これで仕事が終わったと区切りの作業ということです。
勤怠管理は情報として記録されていきます。


自分がちゃんと出勤できてるだろうか、各自でチェックしています。


タイムカードを見ると、時間内に収まってない事が殆どです。

居残りした場合、会社に申請しなくてはいけないです。



勤怠管理も情報通りに計算を進めていきますが、残業代などで金額アップする項目がないか、経理部は間違えないように作業を進めます。



サービス残業とみなされた場合、給料は上乗せされないのが殆どです。勤怠管理は確認すると、今までの自分の出勤実績が載っています。