サロンによって異なる脱毛機の種類

脱毛エステで最も多くおこなわれている施術は、フラッシュ脱毛です。このフラッシュ脱毛には、IPL脱毛とSSC脱毛の2種類があります。IPL脱毛で使われる脱毛機は、黒色メラニン色素に反応し毛穴の奥にある毛の根元にダメージを与えて脱毛する脱毛機です。

出力される波長は、600~1000nmと幅があります。

そのため光が拡散するので、レーザーに比べると効果が出るまでに回数を要する脱毛機です。



ただし、レーザーよりも痛みを伴わない点が魅力です。



ヘッドの面積が広いことから、レーザーよりも短時間で施術を終えることができます。
熱を発する施術のため、その熱を冷ますために冷却ジェルを塗布しながら施術するのが特徴です。

SSC脱毛で使われている脱毛機は、脱毛だけでなく美肌効果も期待できる脱毛機です。

専用ジェルを施術箇所に塗布し、特殊なライトを当てることで脱毛効果が得られます。これは、専用のジェルに含まれる成分が光のエネルギーによって毛穴から浸透することで、毛を生えにくくするのです。

ジェルを浸透させることで、ジェルに含まれている美容成分が肌に吸収され、美肌効果が期待できます。



産毛のような薄い毛にも対応できる点が、SSC脱毛の特徴です。
痛みに関しても、IPL脱毛よりも一層少ない痛みだといえます。痛みが苦手で脱毛サロンを避けていた人でも、安心して利用することができるでしょう。
どの機械が自分にあっているかは、トライアルコースなどの体験を利用して見極めることをおすすめします。