様々な脱毛機の違いと特徴

専門機関で脱毛を行う場合には、数ある脱毛機器の中から自分に適したものを選ぶ必要がありますが、脱毛機は大きく分けると3種類に分類することができます。

それぞれの脱毛機には異なる特徴があるので、それを理解して自分に合う種類を探してみましょう。まずはフラッシュ脱毛ですが、これは最も行う人が多い脱毛の一つで医療機関はもちろんですが、他にも脱毛サロンや家庭用の脱毛機としても用いられている種類になります。

フラッシュ脱毛のメカニズムは黒色に反応するように光の波長を調節して、それを施術したい部分に照射することで毛を毛根から焼いていくというものです。

照射する光の出力は比較的弱いものになるので、家庭用としても使う事ができて、肌へのダメージも少ないのが特徴になります。



次にレーザー脱毛ですが、これは実は脱毛のメカニズムとしてはフラッシュ脱毛と同様なのですが、それでも脱毛サロンや家庭用としては使う事ができず、医師免許を持つ人がいる医療機関でのみ取り扱う事が可能となります。


フラッシュ脱毛と同様のメカニズムにも関わらす医師免許がなければ取り扱いができない理由は、照射する出力が高いことにあります。

その為、フラッシュ脱毛よりも高い脱毛効果を誇りますが、その分施術に伴う痛みも強いのがレーザー脱毛です。



最後に電気脱毛と呼ばれるものですが、これはニードル脱毛とも呼ばれていて毛穴一つひとつに針を刺して、その針に電気を流す事で毛根を焼いていく方法で、直接毛根にアプローチをするため3種類の中で最も脱毛効果が高いとされています。



永久脱毛としても人気の脱毛になります。

このように3種類の脱毛方法には異なる特徴があるので、それらの違いを理解した上で自分に合う方法を見つけてみてください。