タイムレコーダーで勤怠管理

勤怠とは会社の従業員がいつどれだけ働いたのか記録することであり、その予定と実績を管理する必要があります。


それは給与を計算するために必要な情報であるからです。
ほとんどの会社では勤務日数や時間数によって賃金を計算してそれを給与として支給しています。

勤怠管理を行うためにはその予定と実績が必要となりますが、予定というのは勤務カレンダーです。

週休2日制などの勤務がありますが、いつが休みでいつが出勤か決めるものです。

中には変形労働時間制というものもあります。



これは繁忙期と閑散期の差が大きい会社などが取り入れているもので、1年や3ヶ月、1ヶ月といった一定期間で週平均40時間になればよいというものです。

このような勤務予定を作成してそれに対する実績を管理するのが勤怠管理なのです。勤怠管理を行うための実績はタイムレコーダーなどから収集します。

wikipediaの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

タイムレコーダーにはいくつか種類があり、これまではタイムカードという紙のものがありましたが最近ではICカードなどITを使用した認証の仕組みが増えてきています。

そのメリットは早く情報を集めることが出来るということと、紙の場合は確認や入力作業などの手間が増えることになりますが、ICカードなどの情報はデータ化されているのでタイムレコーダーからそのまま勤怠管理の仕組みへ情報を渡すことが出来るのです。
この情報を元に勤怠管理の仕組みによって勤務日数や時間数や残業時間など計算させより効率的に行うことができます。

タイムレコーダーの勤怠管理に出会えて満足です。